沖縄生活

だいこんの花小禄店のランチビュッフェは超リピあり


ゴールドコーストのち沖縄で移住生活をしているシスヤです。

昼間、自由な時間があるおかげで、オーストラリアにいたときも今の沖縄生活でも、ママ友の集まりには嫁だけじゃなく僕も参加することが多く、今回のママ友の集まりの男は誰もいないのが分かっていたのに、ぴょこぴょこ着いていってきました。

今回のお店は「だいこんの花 小禄店




小禄店は那覇空港から車で5分、モノレールで1駅と空港から激近ですが、小禄店以外に安謝店沖縄市の美里店があるようです。

だいこんの花の売りは沖縄本島北部の今帰仁(なきじん)にある自社農園あいあいファームで取れた有機野菜と沖縄料理。

たしかに、野菜は新鮮で美味しかったですし、その他の料理もすべて美味しくて期待していた以上の満足度でした。

ドレッシングも豊富です。にんじんドレッシング、玉ねぎドレッシング、ごまドレッシング、玄米味噌ディップ以外に、パインドレッシング、たんかんドレッシング、シークワーサードレッシングと沖縄らしさを感じさせるものがいくつもありました。

また、シーザーサラダにはゴーヤのスライスが入っていましたが、苦味が少なくシャキシャキで食感も良く美味しかったです。

あと、赤オクラを初めて見ました。


オクラ好きですし、初めて見るものはとりあえず試してみたいタイプなので赤オクラを食べてみましたが、味は普通のオクラと同じでした^^;

でも、普段スーパーで見かけないものを目にし食べられるのは非日常感があっていいですね。

料理は和洋中に沖縄料理と種類が豊富です。

ビュッフェあるあるで、ピザみたいに人気のものは補充されてもすぐになくなって、食べたくても全然食べられない。というお店がたまにありますが、ここは補充も早く、人気があるものはすぐに無くなる!なんてことは全くありませんでした。

嫁は野菜全般ととんかつがすごく美味しいと気に入っていましたが、僕が気に入ったのは、シーザーサラダ、ゴーヤチャンプルー、タイ風グリーンカレー、中味汁、アスパラといんげんのかきあげ、つくねでした(多い)

赤オクラに引き続き、中味汁も今回生まれて初めて食べました。

よく行くスーパーでは中味汁という文字をよく見かけていたので前からかなり興味はあったのですが、食卓に並ぶことがなかったので、食べるチャンスは全くありませんした。

ビュッフェっていろんなものを少しづつ食べられて良いのですが、中味汁のように普段食べられないものを食べられるので満足度も高くなります。

ちなみに中味汁というのは、沖縄の郷土料理で、「中身」とは豚の内臓を指す。つまり中身汁はモツの汁物で、特に小腸や胃を実とする吸物である。具になる内臓の風味はほとんど除かれており、どちらかと言えば鰹節出汁のスープで煮込まれたモツの歯ごたえや食感を楽しむものである。かつての沖縄では正月に備えて年末に豚を潰す習慣があり、その新鮮な臓物を用いた中身汁は本土の雑煮に相当するご馳走であった。現在も沖縄の家庭では正月には欠かせない料理として親しまれている。【wikipediaより

ところでみなさん、中味汁って聞いたことありました?

僕は沖縄に移住するまでは全く知りませんでした。面白い名前ですよね(それが言いたかっただけ)

デザート類は豊富とはいきませんが、十分な種類がありました。

酸っぱいのが好きなので、ローズヒップとアセロラのゼリーが大ヒットでした。

全部食べたかったけど種類が豊富で食べきれませんした。料理が美味しくていっぱい食べすぎてしまって特にデザートはあまり手を出せなかったので、次来た時の楽しみにおいときました^^;

料金はランチでおとな1,684円(税込)、小学生864円、幼児(4歳から)486円となっています。
 

ホテルのビュッフェより安くて、ヘルシーですし、4時まで喋り倒おすこともできますし、新鮮な食材で沖縄料理も和洋中も食べたいという方にはここはかなりオススメです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援クリックお願いしますm(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で