沖縄生活

【海外に送った方が早く着く!】ゆうパケットだと北海道から沖縄まで配達に9日かかった


タイトルのとおり、北海道札幌市から我が家の沖縄県那覇市までゆうパケットで配達してもらうと9日もかかりました。

東京からゴールドコーストまででも4,5日あれば届いていたのに、日本の端から端までといってもここまで日数がかかるということが面白かったのでネタとしてシェアします。


 

妻が最近メルカリにはまっていて、週に4,5日はメルカリで買ったものがポストに入ってますし、それと同じくらいポストに投函しています。
(家にある不要なものを売ったお金(ポイント)で買い物しているのでほとんどお金を使わず楽しんでいるようです)

先日、妻から「買ったものが発送されたと連絡を受けて1週間経つのにまだ届かない」と僕にクレームが来ました。

問い合わせ番号を使ってネットで調べてみると確かに1週間前に投函されています。

しかも、追跡情報が下の画像のように北海道の郵便局で引き受けたのを最後にそれ以上の上方が更新されていませんでした。

いまだ経験したことがないのですが、もしかしたら郵便事故かもと思い、手稲置星駅前郵便局に問い合わせようとしました。

しかし、郵便事故とかの前に「手稲置星駅前郵便局」という名前でまず1文字も間違えず正しく読める自信がない!

ていねおきぼし?
ていねおきほし?
ていなおきぼし?
しゅほせいち?(これはありえないけど)

郵便事故の前に、読み間違え事故が起こる確率が80%近くありました。

配達に日数もかかってるし、この名前だと札幌市からとんでもなく遠いところに違いない。と思って検索してみたら、なんと

 

 

札幌市でした

札幌と小樽の間にありました。
(もっともっと東の方だと思っていました。すみません)

で、そこの郵便局員さんと話していたのですが、初めは配達の遅れを謝ってくれていたのが、こちらの住所を沖縄県那覇市だと伝えると、

「あら、それなら少なくとも1週間はかかりますねー。

っていうか、むしろ、もう1、2日はかかると思いますよ。

なにせ、ゆうパケットは飛行機を使わないので、沖縄だと陸路と船で運ぶことになりますから」

と言われました。

沖縄まで陸路と船便だけだとこれは時間がかかって当然だと電話を切りましたが、実際そのとおり、電話した二日後に無事荷物は家に到着しました。

北海道から沖縄までという日本の端から端の配達とはいえ、
送料が安いとはいえ、
人手不足とはいえ、
全く急いでいなかったとはいえ、

9日もかかるって、逆にすごいなーと一昔前の不便さを体感できて新鮮な気持ちになりました。

沖縄からオーストラリアへ1kgの荷物を運んだら2900円ですが、4,5日で着きますからね



郵便局公式サイトの国際郵便の料金と日数を調べるより



郵便局公式サイト「ゆうパケット」より

飛行機を使わなければ、必ず船便になる沖縄だけの特殊事情ですが、ゆうパケットは国際スピード便の送料の10分の1とはいえ、海外より日数がかかるというのは面白いですね。

(おまけ)
もし東京からオーストラリアのシドニーまで船で荷物を運ぶと2ヶ月前後かかります。

海外に引っ越す人でどうしても今使っている家具を海外で住む家でも使いたいという人もいると思いますが、家具を使えない空白期間が2ヶ月もあるとなかなか大変でしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援クリックお願いしますm(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で